指定した新幹線に乗り遅れてしまった場合はどうすればいいの?

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

新幹線で出かける為に事前に指定席のチケットも予約したから安心していたのに。
当日は発車時間に遅れないように行くはずが、何らかの理由で乗り遅れてしまう事がないとも言えません。
乗るはずだった新幹線の行ってしまったホームで呆然としてしまう。
さあ~、どうしましょうか?

乗り遅れた指定席券は無効になる?

指定席券を事前に予約していた新幹線に乗り遅れた場合は、チケットに書かれた席番号が空きのままで出発します。
乗り遅れた新幹線のチケットは払い戻しが出来ず、指定席券としての役目は無効になります。

しかし、乗り遅れた当日ならば後続列車の「自由席」にその指定席券で乗車することが出来ます。
自由席の場合は、席の指定がないので、空いていればどこに座っても構いません。
後続車の指定席は利用することが出来ないので、車両番号を間違えないように自由席車両に乗るようにしましょう。

後続車の自由席に乗る場合には、チケットが異なっていても手続きは必要ありません。
後続の指定席に乗りたい時は、指定席特急料金を再度全額支払いして席を予約する必要があります。

全車両指定席の新幹線に乗り遅れたら?

 新幹線の中で全車両指定席の新幹線があります。
「はやぶさ」「こまち」「はやて」ですが、全席指定ということは自由席がない事になります。
この場合には、後続の「はやぶさ」「こまち」「はやて」の立席を利用することになります。

「立席」とは、車両と車両の間にあるデッキ部分になりますが、その場合の手続きは不要です。
全席指定でも空席がある場合に限り、座っていても車掌に黙認されます。
また、当日に限って自由席のある「やまぎこ」に乗車して、自由席に座ることが出来ます。

自由席の新幹線に乗り遅れたら?

 新幹線の自由席はその名の通り、乗客の席が決まっておらず空いている席に自由に座ることが出来るので、乗り遅れたら次の新幹線の自由席に乗ればなんら問題はなく、手続きもいりません。

せっかくの新幹線の旅、乗り遅れると不安になったり緊張したりで楽しさ半減になりますね。
最終便の場合は、後続列車がないので特に注意しましょう。

スポンサードリンク