これで安心!新幹線の切符を無くした時の対処方法

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

事前に購入して当日を待っていた新幹線の切符が、当日になって見当たらない。
新幹線に乗車して指定席に座っていたのに、新幹線を降りる時になってチケットが無い事に気が付いた。
さて、乗車する前、乗車後の新幹線チケットの紛失、どうやって対処したらいいのでしょう。

切符を無くしたら買いなおす!

新幹線切符を買った時の領収証があっても、実際のチケットを無くしてしまったら、乗車も出来ませんし、改札を出ることも出来ません。
乗ってきた区間の切符を買いなおす必要があります。
新幹線に乗る前の改札を入る前なら、仕方ないと思いますが、実際に改札を通過して乗車し降りてから改札を出るときに無い事に気付いたのならば、「買いなおす」事に納得いかないかもしれませんね。

しかし、実際に現物がない場合は改札を抜けることは出来ません。
いくら駅員にかけあっても仕方のないことなのです。
この「買い直し」の時に窓口で紛失しての買い直しであることを告げましょう。

再度買った切符には「紛失再発行」の印が押されます。
再発行の切符で改札を抜ける時には、自動改札口を利用せずに係員に見せます。
この時に「切符を無くしたので再度購入しました」と話すといいでしょう。
係員が「再収受証明」を渡してくれるので、切符と一緒に持ち帰ります。
「再収受証明」の翌日から1年間の間に最初に購入した切符が見つかった時には、重複して購入した分の払い戻しをしてもらえます。

切符の払い戻しの方法

無くしたつもりの切符が、実際は鞄の奥や読んでいた本に挟まっていたなど良くある話です。
この時に、しまった二重に買ってしまったと嘆かない為にも、必ず「再収受証明」と「紛失再発行」押印の切符を持ち帰りましょう。

見つかった最初の切符と一緒にJR駅の窓口に行けば、手数料(乗車券・自由席特急券210円、指定席特急券320円)を差し引いた金額を戻してくれます。
新幹線の切符は決して安いものではありませんし、安価に購入していた切符でも無くすと通常料金で購入しなければなりません。

誰も無くそうと思って無くす訳ではありませんが、時間と手間とお金と嫌な思いが残りますから、乗車した安心から油断しないように切符の取り扱いには注意しましょう。

スポンサードリンク