新幹線の回数券はどのくらいお得?メリット・デメリット

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

新幹線の回数券というと、ビジネスマンが会社から支給され出張を思います。
また格安チケットの金券ショップで売っている事も、知られていますね。
新幹線の回数券は、普通に購入して旅行や出張に使うメリットってあるんでしょうか?
普通車自由席通常料金よりも安価になるのはわかりますが、どれぐらいの違いがあるのでしょうか?

新幹線の回数券って安い?

回数券には東海道新幹線・山陽新幹線では格安チケットとして、利用者も多く重宝がられていますが、実際にはそれ程安いわけではありません。
(東京―浜松間)普通車自由席の通常価格7,770円に対して、回数券1枚の値段は7,120円と650円安くなります。
650円が6回分になると3,900円ですから、合計した金額で考えればかなり安く感じます。

しかし、回数券の有効期限は3ヶ月なので1人で使用するとなると、3往復しなければなりません。
仕事で月に1回以上の出張をしている人であれば、金券ショップでチケットを購入するよりもかなりお得になります。

また、バラにして使用出来るので、友人や家族で旅行に行く時など、3人揃えば回数券を1綴り購入して2枚ずつ3人に分けることが出来ます。
使い方によっては、便利で安価なチケットと言えるでしょう。

新幹線回数券のメリット・デメリット

6枚を個人でも、バラにしてでも使用できる回数券の良い点、悪い点はどんな所でしょう。

【メリット】

●チケットの購入に今はクレジットカードが使用できます。
回数券はかなり高額になるので、クレジットカード決済すればポイントの付与が大きくなってお得です。
●1人でも6人でも3人でもいろんなパターンで使用できます。
●決まった乗車区間の途中下車も可能です(チケット1枚使用することになります。)。
●購入した当日から使用することが出来るので、事前に購入しなくても良いです。
●未使用期限が残っていて使用しない時には、金券ショップなどで売ることが出来ます。
●乗り遅れても次の新幹線や時間、日にちを選びません。(期限内)

【デメリット】

●有効期限が3ヶ月と決まっているので、期限内使用が原則です。
●繁忙期のピーク時には使用できません。(GW、お盆の時期、年末年始)
●紛失して買いなおす時のチケット代金は通常料金になります。
●割引率が平均すると0.6%ほどで、それ程安さを感じません。

回数券の他にも、JRにはいろいろな特典や割引商品があります。
自分の目的に合わせて、チケットの購入や旅行会社のセット割などと比較すると良いでしょう。

スポンサードリンク