新幹線の子供料金の設定はどうなっているのか?子供料金の仕組みを解説

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

子供を連れて新幹線に乗車しなければならない時は、子供料金が気になります。
普通の在来線や他の乗り物は、12歳(中学生)になったら大人と同じ料金となりますが、新幹線は、どうなるのでしょう。
幼い子供や小学生などは子供料金になるのでしょうか?

新幹線の子供料金の決まり

新幹線にも子供料金の適応があります。
普通の列車と原則的に同じで、子供は半額、未就学児以下は無料となります。

しかし、新幹線の席は自由席や指定席、グリーン車両とあるので、簡単に考えてしまいそうですが案外分かりにくく、子供の年齢が何でも適応されるわけではありません。
子供の年齢とどんな席を利用するかによって、料金は変わってくるので子供を連れて乗車する場合は、事前に調べておくと便利に子供料金を使って利用することが出来ます。
新幹線のおとなとこども料金の区別は、基本的に次のようになります。

・おとな・・・・12歳以上(中学生以上) ⇒ 大人運賃
・こども・・・・6~12歳の小学生 ⇒ 大人運賃の半額
・幼児・・・・・1~6歳の未就学児 ⇒ 無料
・乳児・・・・・1歳未満 ⇒ 無料

12歳でも小学生の場合は半額、6歳でも小学入学前であれば無料になります。

新幹線のすべての車両で適応されるこども料金

新幹線には普通自由席と指定席がありますが、自由席の場合は自由席特急券が半額になり、指定席の場合は、指定席特急券が半額になります(5円の端数が出たら切り捨て)。

しかし、グリーン券に子供料金の設定はないのですべて「おとな」と同じ金額になります。
これらを分かりやすくすると、
「こどもの運賃」+「こどもの特急料金」+「おとなのグリーン料金」になります。

新幹線のすべての車両でこども料金は同じ設定で、「のぞみ」や「はやぶさ」「こまち」などでも、こども料金=おとなの半額がルールになります。

6歳未満が無料になる条件と有料になる場合は?

新幹線にも乗車する6歳未満(未就学児)の子供は、原則的に無料となりますが、料金を支払う乗客1人につき無料になる乳幼児は2人までです。
親1人で2人の乳幼児を連れて乗る場合は、「おとな料金1人分」となり、乳幼児3人を連れて乗る時には、「おとな料金1人分+こども料金1人分」が必要になります。
「おとな料金2人分」や「おとな料金1人分+こども料金1人分」支払う場合には、乳幼児4人までが無料で乗れることになります。

しかし、無料になるのは自由席の場合で、乳幼児でも指定席やグリーン席など1人分の席が必要な場合には料金がかかります。
料金が発生する乳幼児の場合、「こどもの乗車券」+「こどもの指定席特急券」の料金が必要になります。
指定席料金だけではないので注意が必要です。

グリーン席にこども料金は無いので、乳幼児でも大人料金を支払わなければなりません。
幼稚園児が1人で新幹線を利用して祖父母のところに行く場合などは、通常無料の乳幼児に該当しても、こども料金1人分が必要になります。

スポンサードリンク