新幹線で子供連れの場合におすすめする車両や席(オムツ替え・授乳・喫煙所から遠いなど)

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

赤ちゃんを連れて新幹線に乗らなければいけない時、周りの乗客に迷惑を掛けないことと、安心して授乳やオムツ替えができるかが気にかかります。
赤ちゃんの費用については無料ですから、いつも膝に乗せているならば問題はありませんが、赤ちゃんを寝かす為に席が欲しい場合はこども料金が必要になります。
子供連れにも安心して新幹線を利用してほしいですね。

赤ちゃん、子供連れで新幹線を利用するって?

赤ちゃんや幼児を連れての新幹線の利用は、とかく荷物も多くなりがちです。
大きな荷物を持ちながら赤ちゃんを抱いていたり、おんぶするお母さんを見ると大変だなあと思いますね。

大変だなと思う反面、近くには座りたくないと思うのが正直な気持ちではありませんか?
赤ちゃんは泣く、ぐずる、うるさい、おむつや授乳などでいつもざわざわしている、これは周りの乗客が受ける印象です。
では、赤ちゃんを連れて乗らなければいけないお母さんは、どんな気持ちでしょう。

・赤ちゃんが泣かないで欲しい、静かにしていてね。
・お乳を何処で上げればいいかしら。
・オムツを変えなければいけないけど、どこですればいいんだろう。
・他の乗客から嫌な顔をされないかしら。

幼児を連れている人も、他の乗客も出来れば気持ちよく過ごしたいですね。
それには、乗り込む親の準備も必要ですし、新幹線の設備を知っておくことも大事になります。

授乳やオムツ替えは「多目的室」を使おう!

まず、新幹線のチケットを購入するときに授乳が必要な赤ちゃんを連れて乗る事を伝えて、便利な席を係員に教えてもらうと安心です。
家族数人でまとまって座る場合と、夫婦だけ、お母さん1人の場合もあるでしょうから、前もって出来る準備はしておきましょう。
新幹線にはミルクを作るお湯は出ません。

車内販売の時にお湯をもらったり、電子レンジを利用できる場合もありますが、基本的にはないと思って、小さなポットなどにミルクのお湯を持参して乗車しましょう。
母乳を与えている場合は、周りの目もありますから座席での授乳にはケープや大判のスカーフなどで目隠ししましょう。

新幹線には授乳室はありませんが、多機能スペースとして「多目的室」が1か所あります。
空いていれば授乳にも、オムツ替えにも使用できますから、チケット購入の際に伝えると近くの席を取ってもらえるでしょう。
ただ、短い車両など一部にはない場合もあるので、オムツは乗車前に変えておく、ミルク用のお湯は自分で用意して、大きなケープをもっているとスムーズに自分の席でこなすことが出来ますね。

スポンサードリンク