【ビジネスマンには必須】新幹線でコンセント付きの車両はどうやって見つければ良いのか?

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

新幹線に乗っている時間に、パソコンで仕事をしたりスマホを使って時間を過ごす人も多くいます。
電気が必要になるこれらの情報機器、コンセントがあるととても助かりますね。
出張で新幹線を使うビジネスマンにとって、新幹線に乗っている時間は貴重なビジネスタイムになります。

新幹線にコンセントってあるの?使っていいの?

近年次々と新しい新幹線が登場しています。
新しいタイプの新幹線には、コンセントが付いている事が普通になってきました。

しかし、新幹線のタイプや〇〇系という形によって、一部しかついていなかったり、古いタイプでは、全くついていない場合もあるので、コンセントを使う予定がある時には、事前に乗車する新幹線がどのタイプであるかを調べておきましょう。

市販の時刻表にも載っていますが、駅の窓口でも教えてもらえます。

東海道新幹線でコンセントがあるのは?

東海道から山陽新幹線と繋がるN700系、N700A系新幹線は、グリーン車の全席と普通車の最前列、最後列の全席、そして窓際席(A、E席)にはコンセントがあります。
ということは、通路側の席は最前列と最後列以外にコンセントは使えないということになります。

古い700系車両の一部には、最前列・最後列でも付いていない車両が多いので、新幹線内で仕事したい場合や、コンセントを利用したい場合には、窓口で聞いてコンセントを使える席を選ぶと良いでしょう。

新幹線でも、すべて同じ車両の造りではありません。
九州新幹線や東北・北海道・山形・北陸・上越・秋田新幹線、それぞれ普通席窓側、通路側、最前列、最後列で異なるので、注意が必要です。
隣の席の人がコンセントを使っているのに、自分が使えないと苦情を言う人がいますが、これは新幹線の構造上仕方のないことです。
事前に調べて、必要に応じてコンセントを使用しましょう。

最近では、N700系新幹線の東京―新大阪間では無線LANによるインターネット接続サービスが受けられるようになりました。
これによって、新幹線の中でもパソコンを利用する人が多くなっています。

スポンサードリンク