新幹線にペットを持ち込みしたいのだけど可能なのか?制約・料金等なども含めて紹介

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

家族旅行や帰省の時など、飼っているペットも一緒に連れていきたいと考える人も多いでしょう。
新幹線や公共の乗り物に、ペットを乗せることが出来る事を知っていますか?
制約や制限はありますが、家族と一緒にペットも新幹線でルールを守って連れていきましょう。

小動物は新幹線に乗せることが出来る!

新幹線に犬や猫、鳥などのペットを一緒に持ち込むことが出来るのでしょうか?
ペットは大きさにもよりますが、「手回り品」としてJRの車内に持ち込むことが出来ると、規則に書かれています。
「手回り品」として乗車当日に、ペットを入れたケースを窓口で見せて確認してもらいます。

この時に「手回り品料金」280円(1ケースにつき)を支払って「普通手回り品切符」を購入することで、持ち込むことが出来ます。
当然ですが座席を使用することや、他の乗客に迷惑になるような事は出来ません。

新幹線に持ち込めるペットに制約はあるの?

JRの列車に持ち込めるペットは「小動物」に限られています。

・小犬、猫、鳩またはこれに類するものに限ると記載されており、ウサギやフェレットなども該当しますが、猛獣やヘビなどは持ち込みできません。
・小動物を入れるケースが長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度とされていますが、切符を購入する窓口で詳細に計測することはめったにありません。
・小動物とケース合わせて重さ10kg以内となっていますが、ほぼ自己申告になっています。

新幹線車内での置き場所と注意点

ペットは持ち込む人にとっては大事な家族であっても、他の人にとっては迷惑なものでしかありません。
自由席での持ち込みは置き場にも困りますし、席に座れるとは限らないのでペットを持ち込む時は、窓際の指定席を予約しましょう。

空いていれば最前列の窓際を指定すると、前が壁になっているのでペットの為にも他の乗客にもストレスが少なくてすみます。
10kgのケースを膝に乗せているのは大変です。

だからと言って隣の席が空いていても、ペットを乗せてはいけません。
席を二人分取ればペット席に乗せて良いというものでも無く、ペットはあくまでも手荷物であることをわきまえましょう。
自分のテーブルを出してその上に置く人もいますが、その上で食事する人もいるので気分の良いものではありません。

自分の足元の空いた部分にケースごと静かに置いておく方がペットも落ち着きます。
鳴き声や排泄物の臭いで、他の乗客に不快な思いをさせないようにルールとマナーを守って持ち込むようにしましょう。

スポンサードリンク