JRの株主優待券はどのような優待を受けられるのか?

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

株主優待券ってよく聞くことがありますが、何をどうしてくれるのか株主でないとよくわかりませんね。
JRでは、JR東日本、JR東海、JR西日本の3社が株式上場しているので、毎年株主宛に株式優待券を発行しています。
株主優待券を使えばJR線の切符を安く購入することが出来ます。

JR会社によって割引率が違う株主優待券

新幹線でも特急列車でも切符を購入するときに、JR株主優待券を窓口に出すと引き換えに運賃等の割引を受けることが出来ます。
しかし、その割引率は会社によって異なります。

【JR東日本】

株主優待券1枚で片道運賃・料金が2割引きになります。
1回に2枚まで使用出来るので、合わせて使うと4割引で購入できる事になります。

【JR東海】

株主優待券1枚で片道運賃・料金が1割引きになります。
1回に2枚まで使用出来るので、2割引きで切符を購入できます。

【JR西日本】

株主優待券1枚で片道運賃・料金がなんと5割引きになります。
この割引率ですから、複数枚の同時使用は出来ません。

株主優待券の割引対象と使い方

JRですから、割引になる対象品は切符になります。
列車の運賃、特急券、急行券、指定席券、グリーン券です。
他の割引と一緒に使うことは出来ず、JR同士であっても他社の路線を跨いで、使用する事は出来ません。
例えば、東京―広島間(JR東海―JR西日本)や名古屋―仙台間(JR東海―JR東日本)などの切符の購入で、JR東海の株主優待券は使用できません。
株主優待券の有効期間は、毎年6月1日~翌年の5月31日までとなっています。

株主優待券の入手方法

JR会社の株主になれば株主優待券は、毎年送られてきます。
持っている人ほどあまり使用しないようなもので、株主で優待券を使わない人も少なくありません。
その為、金券ショップに持ち込まれたり、オークションで売られたりします。
切符を安く手に入れる方法に回数券や金券ショップの利用がありますが、株主優待券を手に入れることで、運賃・料金の割引を使えるので、行き先や料金などを確かめて株主優待券を利用するのもいいですね。

スポンサードリンク