【知らないと損】条件を満たせば10%OFFになる新幹線の往復割引のメリット・デメリット

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

通常、新幹線を使用する場合は、行き帰りの往復利用が多いと思いますが、行きは早い時間だから飛行機にして、帰りだけ新幹線利用という人もいることでしょう。
しかし、片道利用よりも往復利用の人の割合の方が多いと考えられるので、往復割引があれば大変有りがたいですね。
さて、新幹線の往復割引はどんなメリットがあるのでしょうか?

新幹線の往復割引ってどれぐらいお得になるの?

新幹線に限らず、JRで往復利用した場合に適用されますが、片道の営業キロが601km以上の場合のみ、運賃を1割引きにする制度です。
601kmって、西は東京からだと大阪(約556km)や神戸(約590km)よりも遠くなければ適用されません。

新幹線利用の場合は、乗車券料金だけが割引対象で、特急料金は対象になりません。
行き帰り全く同じ区間で、片道が601km以上の場合に往復割引は1割引きが適用されて、「往復割引乗車券」と言われています。
新幹線は乗車券の他に特急券が必要になりますが、自由席券でも指定席券でも割引はありませんから、実際にトータルして支払う金額は、7~8%引きと考える方が良いでしょう。

往復割引乗車券の有効期間は距離で決まります!

行き帰り同じ区間を利用しなければいけない往復割引乗車券は、帰省や長期休暇の場合に利用されることが多くなります。
往復割引対象になる営業キロが長いほど、有効期間も長期に設定されています。

東京を起点に、片道601~800km(10日間)、片道801~1000km(12日間)と、営業キロが200km延びるごとに有効期間が2日ずつ長くなります。
東京から鹿児島までは、1401km~1600kmに入り、有効期間は18日になります。

新幹線の往復割引のメリット・デメリット

長距離の移動の時に割引があると有りがたいですが、良く利用する近距離・中距離に割引が無いのはチョット残念な気持ちになりますね。

【メリット】

・長距離移動601km以上になれば乗車券が1割引になるので、距離が長くなるほどお得感があります。
・片道の距離で割引は往復適用になり、帰りのチケットも一緒に購入するので手間がかかりません。

【デメリット】

・近距離・中距離の600kmまでは一切値引きがされないので、不公平感があります。
約590kmの神戸では割引ゼロ、隣の明石(約609km)では1割引きになるので、遠い明石の方が、新幹線利用の運賃が安くなるという矛盾があります。
・601km以上あっても、片道ずつ購入する場合は往復割引は適用されません。
・新幹線の割引は乗車券だけ1割引きで、特急券は割り引かれないので、実質7~8%の割引率になります。

新幹線を利用するとき、実際に乗車する距離が長くなって往復割引対象になる区間だと、JR窓口の切符販売の係員が説明してくれますし、「往復割引はありますか?」と尋ねれば、該当するかしないか答えてくれますから、窓口で訪ねるといいでしょう。

スポンサードリンク