【1回までなら無料】予約後に乗車する新幹線や席を変更する方法

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

新幹線の利用が決まったら、事前にチケットの購入をしておけば当日焦ることも無く、安心できますね。
しかし、早めに指定席を予約した後になって時間や路線を変えた方が、都合よく予定を組めるとわかる場合があります。
先に予約してしまった新幹線の指定席、どうしたらいいのかと悩んでしまいますね。

新幹線乗車前の変更は?

手元にある新幹線の予約済みチケットには、指定席特急券に利用する新幹線の日時が記載されています。
それよりも前(当日時間ギリギリは無理です)であれば、1回に限って無料でチケットの予約変更が可能です。

行き先変更や新幹線の車両の違いによって料金に差が生じる場合は、差額の支払いや返金があります。
変更が2回目になると、一度チケットを全て払い戻ししてから再度購入しなおさなければならず、払い戻し手数料220円が必要になります。

例えば、利用日の3日前に予約した後の打ち合わせで行き先を変更して、新幹線の時間も早くしたほうが都合良くなるいことが分かりました。
こんな時には、当日では無く早めに窓口で相談しましょう。
日にちや時間を遅くする場合、気を付けなければいけないのが、手持ちのチケットの発車時間前であることです。

変更後の時間は遅くなりますが、手持ちのチケットの利用時間が過ぎていたら変更は出来ません。
この場合には、当日に限り手持ちのチケットで後続車の自由席に乗ることが出来ます。(指定席には座ることが出来ません。)

新幹線に乗車後の変更はどうすればいいの?

新幹線に予定通り乗って出発したけれども、途中で予定を変更したくなった場合はどうしたらいいのでしょうか?
例えば、名古屋発東京行の新幹線に指定席の予約をして乗車したけど、東京に着く前に横浜に寄り道してから東京に行く予定変更する場合は、新幹線の東京までのチケットで途中下車することが出来ます。

しかし、横浜から東京までの払い戻しや精算は出来ません。
途中下車したらその段階でチケットは回収されるので、横浜から東京までのチケットは買い直さなければいけません。

これとは逆に、横浜で降りる予定を東京まで乗った場合には、降りてから精算窓口で不足分のチケット代金を支払う必要があります。
指定席に座ったまま乗り越すと、他の人が乗車してくる可能性があります。
速やかに指定席を立ち退き、自由席又は立席に移動しなければなりません。
在来線よりも高額な新幹線チケットは、予定変更などがあるとどうしたらいいのか、不安で迷ってしまいます。

困った時には、駅の係員や窓口で聞けばお金がかからない変更や払い戻しの方法など教えてもらえます。
迷ったら係員に聞くこと、これが一番の安心な旅になります。

スポンサードリンク