【喫煙者は必見】新幹線の喫煙席ってどこにあるの?

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

喫煙者の立場は、年々肩身の狭いものになってきていますね。
街角、駅の構内、ショッピングモール、ほとんどの公共施設では、禁煙、又は外の一角に設けられた喫煙スペースに追いやられてしまいます。
タバコを吸わない人にとっては、臭いや副流煙に悩まされることがなくなるので、大賛成でしょうが、愛煙家にとって、新幹線のような長時間の乗り物で禁煙しなければならないのは、大変苦痛だと聞きます。

新幹線に喫煙できるところってあるの?

JR駅の各構内やプラットホームでも、ほぼ禁煙が徹底されていて、構内であっても所定の喫煙ルームでしかタバコを吸うことは出来ません。
列車内になれば当然の如く、全車禁煙が多くなっています。
吸わない人にとっては大賛成ですが、愛煙家にとっては苦痛でしかありません。

ほとんどの新幹線で列車内の喫煙が禁止されていますが、東海道新幹線では喫煙できる場所がありますが、山陽新幹線の700系8両編成車両、九州新幹線800系車両は完全禁煙となっています。





スポンサードリンク

東海道新幹線(東京―新大阪)の喫煙は?

東海道新幹線の通常運転の全ての列車内で喫煙できる場所が設けられています。
のぞみ、ひかり、こだまの車両によって喫煙ルーム、喫煙席と決まっていますが、指定された場所での喫煙は可能なので、イライラせずにすみますね。

・N700系(のぞみ、ひかり、こだま)・・・喫煙ルーム(博多寄りの3、15号車、東京寄りの7、10号車)
・700系(ひかり、こだま、のぞみ臨時列車)・・・喫煙席(10、15、16号車)の全席ひじ掛けに灰皿が設置されています。

また、15、16号車間のデッキにも灰皿が設置されています。
禁煙席しかなくてタバコが吸いたくなったら、15、16号車間のデッキで吸いましょう。

また混雑時の喫煙は控えるようにしましょう。
残念ながら、今後700系の新幹線が導入されることは無いので、喫煙者にとっては今以上に我慢を要することになっていくでしょう。

どんどん進む禁煙車両、800系は完全禁煙

新幹線でも東海道と山陽新幹線ではまだ喫煙ルームや喫煙席がありますが、新しくなるほど禁煙ムードが高まっています。
700系8両編成新幹線(新大阪―博多間)、800系新幹線(博多―鹿児島中央)では完全禁煙車両になっています。

スポンサードリンク