新幹線で降りる駅を寝過ごして通りすぎてしまった場合の対処方法

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

新幹線だけでなく、列車に乗っていると疲れや揺れの気持ちよさからつい寝込んでしまうことが有ります。
ほとんどの場合は、駅に到着する度に目が覚めどこの駅か確認しますが、本当に眠ってしまうと降りる駅を通過した後で焦ってしまいます。
在来線の場合は、近距離なのでそれ程心配になりませんが、新幹線に乗車していて乗り越してしまうとどうしたらいいのかと呆然となりますね。

新幹線の下車駅を寝過ごしたら・・・

新幹線の停車駅は在来線と異なり、長距離となります。
その為に乗り越してしまった時、どうしたら良いのか、乗り越し分の支払いを求められるのかと、ハラハラドキドキになってしまいますね。

寝過ごしてしまった事を、駅の係員や車内に回ってくる車掌に正直に伝えましょう。
寝過ごしが分かってすぐに車掌に伝えると、「次の〇〇駅で下車して、反対ホームから乗車して目的駅で降りてください。」と教えてくれるはずです。
この時の乗り越し分の往復料金は掛かりません。(無賃送還)

寝過ごして次の駅で降りた場合も駅の係員に正直に申し出ることで、目的の駅まで無料で折り返し利用できます。
新幹線では、特急料金も無料で引き返すことが出来ます。(普通車自由席)





スポンサードリンク

折り返す新幹線がない場合はどうなるの?

夜間や最終列車で乗り越してしまった場合は、本来の降りる駅に停車する新幹線がすでにない場合があります。
このような時には、最寄り駅まで戻ることは出来ますが、本来の駅とは異なるので、その駅までの特急料金を支払う必要があります。
また、特急料金の支払いが出来ない場合や、すでに最終新幹線が出た後であれば、翌日の1番列車まで待つことになります。

「無賃乗車」と「無賃送還」は違います!

寝過ごしてしまうと慌ててしまいますが、起こったことは仕方ないので、正直に申告すれば何も怖くありませんし、警察に捕まるのか?などと心配する必要はありません。
ただ、「無賃送還」を期待して乗り越した駅のホームで友人と会って時間を過ごしたり、故意に何駅も通過するなどの行為は、「無賃乗車」となります。
相当の料金を求められるので、モラルとルールを守って新幹線を利用しましょう。

スポンサードリンク