京都・名古屋から九州方面に行くなら『九州新幹線&のぞみ早特往復きっぷ』を使わないと損

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

『九州新幹線&のぞみ』早特往復きっぷとは?

東海道・山陽新幹線区間~博多は「のぞみ」号の(一号車に限り) 普通車指定席で利用でき、九州新幹線内は「みずほ」「さくら」「つばめ」を乗り継いで利用して、往復とも座席の確保が出来る場合にのみ発売します。(発売時に他のきっぷにより満席になった場合は席の確保ができないので、発売されません。)
博多駅での乗り継ぎに限ります。

窓口のみの販売で、インターネットや電話での空席照会や予約は行っていません。
また、子供用の設定はありません。
途中下車はできません。途中下車された場合は、お乗りにならない区間は無効になります。

使える区間

名古屋(市内)⇒  熊本     
名古屋(市内)⇒ 鹿児島中央  
京都 (市内)⇒ 久留米   
京都 (市内)⇒ 新大牟田  
京都 (市内)⇒ 熊本    
京都 (市内)⇒ 新水俣    
京都 (市内)⇒ 鹿児島中央 

使える期間

ご利用期間:1年を通じて利用できます。
有効期間 :7日間 

「ゆき」の乗車日の21日前(3週間前の同じ曜日)から7日前(前の週の同じ曜日)の営業終了時まで発売します。

価格

名古屋(市内)⇒ 熊本    38,460円
名古屋(市内)⇒ 鹿児島中央 44,640円
京都 (市内)⇒ 久留米   29,830円
京都 (市内)⇒ 新大牟田  32,300円
京都 (市内)⇒ 熊本    34,560円
京都 (市内)⇒ 新水俣   37,230円
京都 (市内)⇒ 鹿児島中央 40,940円

きっぷの区間外に乗り越しをした場合は、乗り越しした区間に必要な運賃・料金を支払わなければなりません。
ただし、乗車後にグリーン車をご利用になり、グリーン車に自由席があって支障ないが場合は、グリーン車の追加料金を支払えば、乗車することができます。
※きっぷのご購入後は指定列車の変更・払い戻しは一切できません。
※他の割引と重複して適用されることはありません。
乗り継ぎ割引の取り扱いはありません。

スポンサードリンク