JR徳島駅が到着メロディーを阿波踊り「阿波よしこの」を通年使用する事に決定

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

JR四国と徳島県、徳島市は5日から、徳島駅の全番線(1〜4番線)の到着メロディーを、「エライヤッチャ、エしこの」に変更し、通年で使用する事を決定しました。

公共交通機関の利用促進・さらなる観光振興・にぎわいづくりを目的とし、郷土の夏祭りとして全国的に知名度の高い事業に取り組む地元に呼応し、同社と県、市が連携して変更することに決定。

メロディー作成に当たっては、2つの阿波おどりの協会を介して、三味線、笛、締め太鼓、大太鼓、鉦(かね)の鳴り物の名手を選抜し録音したそうです。
今後は1番線、2番線、3番線、4番線ごとにアレンジを変え、特急「うずしお」が停車する同駅メインホーム2番線では5楽器全てを使った音源が流されます。

スポンサードリンク