【ノマドワーカー必見】東急電鉄が会員制サテライトシェアオフィス事業でカラオケ店「パセラリゾーツ」などと提携

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

東京急行電鉄(東急電鉄)は、会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork(ニューワーク)」のさらなる執務環境確保を目指し、沿線外のシェアオフィス事業者やカラオケ店運営事業者との提携を開始しました。
ニューワークの会員は北海道から大阪まで、利用可能箇所が拡大します。

ニューワークはテレワーク導入企業を対象に、安全、快適な執務環境を提供します。
東急電鉄の社内起業家育成制度の事業化案件第1号として今年5月20日に自由が丘、横浜、吉祥寺の3店舗がオープン。
7月たまプラーザ店が開業、今月15日に二子玉川店が開業予定となっています。

従来は同社線沿線が中心でしたが、今回の提携により、札幌から大阪まで12施設のシェアオフィスと、首都圏と大阪のカラオケ店「パセラリゾーツ」11店舗が加わります。
シェアオフィスの利用可能時間は各施設の営業時間に準じ、パセラ各店は昼ごろ〜18時までの利用が可能になります。

パセラ各店は、完全個室、電源、Wi—Fi、パソコンから出力可能なモニターなどの設備に加え、多くが駅周辺に立地していることから、執務環境として柔軟な活用が期待でそうです。
一部店舗では1ドリンクサービスなどの特典も付きます。

提携店舗の利用料金は東急電鉄直営店と同様で、月額5000円(8時間の無料利用含む)に1時間当たり500円かかる従量制と、月額3万円の定額制があります。
東急電鉄が展開する『日本全国で利用可能なシェアオフィスネットワーク』

スポンサードリンク