【30%割引】JR東海とJR西日本で「IC早特タイプ21」が30%割引になるキャンペーン実施(4月9日まで)

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

お得な「IC早特タイプ21」がさらにお得に

JR東海とJR西日本では、「IC早特タイプ21」を割引価格で発売します。
これは、JR発足30周年を記念したキャンペーン。
「IC早特タイプ21」は、利用の21日前までに予約をすることで、運賃が割引になるというもの。
今回のキャンペーンでは、30周年にちなんで30%割引と、割引率が上がっています。

「IC早特タイプ21」のキャンペーン価格

「IC早特タイプ21」のキャンペーン価格は以下の様になっています。

東京駅〜名古屋駅片道7,700円
東京駅〜新大阪駅片道10,000円
東京駅〜岡山駅片道12,000円
東京駅〜広島駅片道13,000円

「IC早特タイプ21」のキャンペーンでの販売期間

「IC早特タイプ21」のキャンペーン価格での販売期間は、3月1日から4月9日まで。
「IC早特タイプ21」なので、利用日の1ヶ月前の10時から21日前の23時30分までに購入する必要があります。

「IC早特タイプ21」キャンペーンの利用可能期間

「IC早特タイプ21」のキャンペーン価格の適用は、4月1日から4月30日の利用が対象となります。
利用できる列車は「のぞみ」の普通車指定席。
また、利用時間も定められており、6時から6時59分までと11時から15時59分までに出発分が有効となります。
「IC早特タイプ21」のキャンペーン価格を利用する際は、条件を満たしているかを確認してください。

「IC早特タイプ21」の予約方法

「IC早特タイプ21」をキャンペーン価格で利用する場合は、2つの予約方法があります。
まず1つ目が、JR東海の「プラスEX」で予約する方法。
2つ目がJR東海とJR西日本の「エクスプレス予約」で予約する方法です。
どちらも会員登録が必要となるので、事前に登録を済ませておきましょう。

旅行や出張など様々なシーンでお得!

今回の「IC早特タイプ21」30%割引キャンペーンは、通常でもお得な「IC早特タイプ21」がさらにお得になります。
時間も制限されているため、使いにくく感じますが、旅行や出張など早朝に出発する必要がある場合には非常に使いやすくなっています。
該当期間内に旅行や出張を予定している方は、ぜひご利用ください。

スポンサードリンク