東京駅から徳山駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

現山口県周南市である「徳山」は、瀬戸内海や山、川と豊かな自然に恵まれた温暖な街です。

あふれる自然に囲まれた土地である一方で、「重化学工業のまち」としても有名であり、徳山駅や新幹線車内からも石油化学コンビナートを見ることができます。

また、かつて徳山藩・岩国藩として栄えた頃の面影を今なお残す風情漂う街並みや、日本三名橋のひとつである「錦帯橋」、「岩国城」に代表される数々の名所など歴史ロマンを感じられる街でもあります。

今回は、そんな様々な顔を持つ「徳山」を訪れるために、東京⇔徳山間の新幹線情報をお届けします。

徳山駅ってどんな駅?歴史や特徴は?

徳山駅は、山口県周南市・徳山地区の中心駅です。
駅の南側には「徳山下松港」が隣接しており、新幹線ホームから臨海部に広がるコンビナート群を眺めることができるのが特徴です。
徳山駅は1897年(明治30年)に開業し、1975年には山陽新幹線の停車駅に、2003年には「のぞみ」の停車駅となりました。
また、1969年に徳山駅ビルが完成しましたが、2015年3月をもって閉館、2016年2月に解体が完了しています。

徳山駅の1日乗り入れ人数はどのくらい?

「山口県統計年鑑」によると、2014年度の徳山駅の1日あたりの平均乗客数は6,694人です。
これは新幹線の乗車人数を含めた乗客数となっています。

東京〜徳山までの所要時間

東京から徳山までは東海道・山陽新幹線(山陽・九州新幹線)を利用して行くことができます。
新幹線の他に、飛行機や高速バスで行くことも可能です。

それぞれの「徳山駅」までの所要時間を比較してみましょう。

【新幹線の場合】

東京駅~徳山駅
・のぞみ 約4時間20分
・ひかり 約5時間※
・こだま 約7時間※

【飛行機の場合】

約4時間25分

(山口宇部空港利用)
東京駅~羽田空港 約40分
搭乗手続き 約30分
羽田空港~山口宇部空港 約1時間35分
降機手続き 約30分
山口宇部空港~徳山駅 約1時間10分

【高速バスの場合】

東京駅~徳山駅
約12時間

※東京から徳山まで直通する「ひかり」と「こだま」はありませんので、「ひかり」や「こだま」を利用する場合には、新大阪や広島で乗り換える必要があります。
新大阪から徳山までは、山陽・九州新幹線「さくら」を利用して行くこともできますよ。

(新大阪駅~徳山駅)
・さくら 約1時間52分

新幹線「のぞみ」と飛行機を利用した際の所要時間はほとんど変わりません。
ですが、山口宇部空港から徳山駅まで移動する手間や時間を考えると、ダイレクトに徳山駅にアクセスできる新幹線が便利ですね!

東京〜徳山の新幹線列車・停車駅

東海道・山陽新幹線の列車には「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」があり、「のぞみ」が1番停車駅が少なく、「こだま」は各駅停車で1番遅い列車となります。
各列車の停車駅は以下の通りです。

のぞみ:東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、(姫路)、岡山、(福山)、広島、(徳山)
9駅

ひかり:東京、品川、新横浜、小田原※2、(熱海)、三島※2、静岡※1、浜松※1、豊橋※2、名古屋、岐阜羽島※1、米原※1、京都、新大阪、新神戸、西明石※1、姫路、相生※1、岡山、新倉敷※2、福山、新尾道※2、三原※1、東広島※2、広島、徳山
15駅

こだま:東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋、岐阜羽島、米原、京都、新大阪、新神戸、西明石、姫路、相生、岡山、新倉敷、 福山、新尾道、三原、東広島、広島、新岩国、徳山
30駅

また、新大阪経由では山陽・九州新幹線「さくら」を利用して徳山へ行くこともできます。
「さくら」の停車駅は以下の通りです

さくら:新大阪、新神戸、姫路※1、岡山、福山※1、広島、徳山※2
6駅

※1は1時間に1本程度の停車、※2は2時間に1本程度の停車、( )の駅は一部の列車のみ停車です。
「のぞみ」や「さくら」は徳山には停車しない列車もありますのでご注意下さい。

ご覧の通り「のぞみ」が1番停車駅が少なく、乗り換えもなく、徳山に1番早く到着することができます。

とにかく早く徳山駅に到着したい場合には「のぞみ」、多少時間や乗り換えの手間がかかっても料金を安く抑えたい場合には「ひかり」を利用するのがおすすめです。

列車別の料金については次にご紹介致します。

東京〜徳山の料金

新幹線の座席には、あらかじめ席が決まっている「指定席」、座席が指定されていない「自由席」、シート幅が広く快適な「グリーン席」の3種類があり、それぞれ料金が異なります。

「のぞみ」の指定席は「ひかり」や「こだま」の指定席に¥620の割増料金がかかりますが、自由席の料金は変わりません。

また、グリーン席は、通常の指定席に¥7,130の割増料金がかかりますが、その分グレードの高いシートで快適な旅を満喫することができますよ♪

東京〜徳山間の片道料金は下記の通りです。

のぞみ:
(指定席)¥20,360
(自由席)¥19,220
(グリーン車)¥27,490

ひかり:
(指定席)¥19,740
(自由席)¥19,220
(グリーン車)¥26,870

こだま:
(指定席)¥19,740
(自由席)¥19,220
(グリーン車)¥26,870

閑散期は上記金額から¥200引き、繁忙期は¥200増しとなります。
なお、自由席の料金は年間を通じて変わりません。

東京から飛行機、高速バスを使用した際の費用

東京から徳山へは、新幹線を利用する他に、飛行機や高速バスで行くこともできます。

(新幹線)¥19,220~27,490
(飛行機)¥11,427~26,127
(東京駅~羽田空港間\637と山口宇部空港~徳山駅間¥2,000を含む)

(高速バス)¥8,400~12,400

高速バスは一番料金が安く、魅力的ではありますが、徳山までは約12時間もの所要時間がかかってしまうのが難点です。

また、飛行機は東京駅~羽田空港間および、山口宇部空港~徳山駅間の料金を足しても、新幹線と比べて¥7,800ほど費用が安くはありますが、空港から徳山駅までの移動が非常に面倒です。

総合的に考えると、所要時間が短く、徳山駅まで直接アクセスすることのできる新幹線がおすすめです!

東京〜徳山の始発・終電時刻

東京〜徳山の始発・終電時刻(直通)は以下の通りです。

始発(東京⇒徳山): 7:30※
始発(徳山⇒東京): 6:51
終電(東京⇒徳山): 18:50
終電(徳山⇒東京): 18:34※

■羽田空港~山口宇部空港
【始発便】7:20(スターフライヤー)
【最終便】19:15(JAL)

■山口宇部空港~羽田空港
【始発便】7:40(ANA)
【最終便】20:00(ANA)

※東京⇒徳山間の始発時刻は広島乗り換えであれば6:30に、徳山⇒東京間の終電時刻は広島乗り換えであれば19:15となります。

新幹線と飛行機を比べると、始発時刻は新幹線の方が早く、最終時刻は飛行機の方が遅いようですね。

新幹線の駅ホームのエレベーターが近い席(号車)は?

荷物が多いときや、小さなお子様をお連れの際には、エレベーターに近い席もチェックしておきましょう。

【16両編成時】

すべての番線・・・8~9号車付近

【8両編成時】

すべての番線・・・6号車付近

新幹線の駅ホームのエスカレーターが近い席(号車) は?

徳山駅には下車時に改札へ行く「下り」のエスカレーターがありません。
そのため、荷物が多いときにはエレベーターを利用すると良いでしょう。

■乗車時ホームへ

【16両編成時】

すべての番線・・・8号車付近

【8両編成時】

すべての番線・・・6号車付近

徳山駅を通っている路線

徳山駅には以下の3つの路線が通っています。

■東海道・山陽新幹線(東京~博多)

■山陽本線(姫路~門司)

■岩徳線(岩国~徳山)

駅弁が買える場所

徳山駅では、かつて「徳山駅弁当株式会社」が駅弁の製造・販売を行っていましたが、2010年3月をもって販売を終了してしまいました。
現在は「徳山ふくセンター株式会社」が“徳山駅限定のお弁当”として数種類のお弁当を徳山駅構内で販売しています。

売り場一覧

・新幹線改札内「デイリーイン」

※「セブン-イレブンハートインJR徳山駅新幹線口店」や「セブンイレブンキヨスクJR徳山駅在来改札口店」でもお弁当を売っているという情報を見かけましたが、定かではありません。

また、徳山駅前は現在改装中であり、お弁当が購入できるお店が今後増える可能性もあります。

徳山駅でおすすめの駅弁はコレ!

「徳山駅弁当株式会社」の撤退により、正規の「駅弁」は徳山駅では販売されなくなってしまいましたが、「徳山ふくセンター株式会社」による“徳山駅限定のお弁当”は多数販売されています。

その中でも一番人気なのが『幸ふく弁当』です!
『幸ふく弁当』はフグの延縄漁(はえなわりょう)発祥の地である徳山ならではのお弁当であり、天然のマフグを使用した炊き込みご飯やフグの南蛮漬けなど、美味しいフグが贅沢に使用されています。
一緒に盛り付けられている季節の惣菜やだし巻き玉子も彩り豊かで、その名の通り、口に入れれば「幸ふく」な気持ちになれること間違いなしのお弁当です!

他にも、ふんわり穴子がこれでもかというほどに乗せられた『大穴ごめし』や、足が太く身の柔らかい周防瀬戸のタコを使用した『周防のたこおどりめし』、季節限定の『うなぎめし』等、絶品弁当がたくさん揃っていますよ。
これらのお弁当は徳山駅構内新幹線改札内「デイリーイン」にて購入することができます。

また、徳山駅でぜひ購入しておきたいお土産といえば、老舗「御堀堂」の『外郎(ういろう)』です。
山口県の銘菓である「山口外郎」は、他の地方の外郎にはみられない、わらび粉を使用してつくられた“モチモチぷるぷるの食感”が最大の特長です。
一番人気の伝統の味「白外郎」をはじめ、黒糖を練り込んだ「黒外郎」、若者に人気の「抹茶外郎」、季節限定の「雛外郎」、「端午外郎」と味のバリエーションも豊富で楽しめます♪
御堀堂の外郎は、徳山駅2Fコンコース「おみやげ街道」にて購入することができますよ!

徳山駅の周辺情報も要チェック!

周南市徳山動物園

『周南市徳山動物園』は、旧徳山市の市制25周年を記念して昭和35年に開園した、山口県内唯一の本格的な動物園です。
元々は旧徳山藩主毛利氏の屋敷があった場所であり、桜の名所としても知られています。
園内ではゾウのエサやりができたりと、動物と触れ合える場所が多く設けられており、小さな子どもでも無理なく動物を観てまわることができるようにと展示方法にも工夫がされています。
広い芝生もあり、ファミリーやカップルにおすすめのスポットです♪

●徳山駅から徒歩約20分
●徳山駅からバス「動物園文化会館入口」下車すぐ

錦帯橋

山口の王道観光スポットといえば『錦帯橋』です!
延宝元年(1673年)に第三代岩国藩主吉川広嘉により創建され、現在の橋は四代目にあたります。
透き通る水の錦川に架かる五連のアーチを描いた『錦帯橋』は、その姿からして美しいのですが、橋の上から眺める景観はさらに極上です。
桜、つつじ、牡丹、菖蒲、藤と、四季折々の花々を楽しむことができるのも魅力ですよ♪

●徳山駅から岩徳線「川西駅」下車、徒歩15分

岩国城

『岩国城』は、慶長13年(1608年)に初代藩主吉川広家によって築城されました。
「桃山風南蛮造り」の全国でも珍しい山城であり、四階の展望台からは、風情漂う岩国の街並みや錦帯橋、瀬戸内海に浮かぶ島々から四国の山並みまでも望むことができます。
ぜひ錦帯橋とセットで訪れたい、山口の名所です。

●徳山駅から岩徳線「川西駅」下車、徒歩20分のちロープウェイ3分

スポンサードリンク