東京駅から福山駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

広島県東部、瀬戸内海の中央部に位置する福山市は、古くから港町として栄えてきました。
福山市の観光名所として有名な「鞆の浦」(とものうら)は、『崖の上のポニョ』のモデルとなった他、映画やドラマのロケ地としても使用されており、全国から多くの人々が集まります。
また、福山市は「ばらのまち」としても知られており、2016年5月21日には、かねてから市民が一体となって取り組んでいた「100万本のばらのまち」がついに実現しました!

今回は、そんな「100万本のばらのまち・福山」を訪れるために、東京⇔福山間の新幹線情報をお届けします。

福山駅ってどんな駅?歴史や特徴は?

福山駅は広島県福山市の中心駅であり、すぐ北側に「福山城」が隣接しているのが特徴です。
福山駅は1891年に福山城の三の丸南側を東西に横断するように建てられ、以来“城から最も近い駅”と呼ばれ、親しまれています。
福山駅には、新幹線の他にも、多数の高速バスが発着しており、広島県東部と岡山県井笠地方を結ぶ広域都市圏のターミナル駅として利用されています。
また、本州から四国への乗換え駅としての需要もあります。

福山駅の1日乗り入れ人数はどのくらい?

「広島県統計年鑑」によると、2014年度の福山駅の1日あたりの平均乗客数は19,706人です。
中四国地方では広島駅、岡山駅に次いで第3位の乗客数となっています。

東京〜福山までの所要時間

東京から福山までは東海道・山陽新幹線を利用して行くことができます。
新幹線の他に、飛行機や高速バスで行くことも可能です。

それぞれの「福山駅」までの所要時間を比較してみましょう。

【新幹線の場合】

東京駅~福山駅
・のぞみ 約3時間40分
・ひかり 約4時間20分
・こだま 約5時間30分

【飛行機の場合】

約4時間18分※

※東京駅~羽田空港 約40分
搭乗手続き 約30分
羽田空港~広島空港 約1時間25分
降機手続き 約30分
広島空港~福山駅 約1時間13分

【高速バスの場合】

(エトワールセト号三原駅前行)
東京駅~福山駅
約9時間34分※

※東京駅~新宿 約15分
新宿~バスタ新宿 約2分
バスタ新宿~福山駅前 約9時間17分

東京~福山間は“新幹線と飛行機の激戦区”とも言われていますが、空港からの移動時間も含めると、新幹線「のぞみ」を利用した方が38分ほど早く福山駅に到着することができます。

「ひかり」と飛行機とでは、所要時間はほとんど変わらないようですね。

また、東京~福山間を直通で結んでいる高速バスでは「エトワールセト号」が有名かつ人気がありますが、乗車時間は約9時間17分と、かなりの時間がかかります。

高速バスを利用する場合には、寝れるかどうかがカギとなりそうですね。

東京〜福山の新幹線列車・停車駅

東海道・山陽新幹線の列車には「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」があり、「のぞみ」が1番停車駅が少なく、「こだま」は各駅停車で1番遅い列車となります。
各列車の停車駅は以下の通りです。

のぞみ:東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、福山
9駅

ひかり:東京、品川、新横浜、小田原※2、(熱海)、三島※2、静岡※1、浜松※1、豊橋※2、名古屋、岐阜羽島※1、米原※1、京都、新大阪、新神戸、西明石※1、姫路、相生※1、岡山、福山
12~13駅

こだま:東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋、岐阜羽島、米原、京都、新大阪、新神戸、西明石、姫路、相生、岡山、新倉敷
福山
24駅

「ひかり」は列車によって停車駅が異なります。
※1は1時間に1本程度の停車、※2は2時間に1本程度の停車、( )の駅は一部の「ひかり」のみ停車です。

ご覧の通り、「のぞみ」が1番停車駅が少なく、福山に1番早く到着することができます。

ですが、「のぞみ」も「ひかり」も、福山には停まらない列車がありますのでご注意下さい。

とにかく早く福山に到着したい場合には「のぞみ」、多少時間がかかっても料金を安く抑えたい場合には「ひかり」がおすすめです。
列車別の料金については次にご紹介致します。

東京〜福山の料金

新幹線の座席には、あらかじめ席が決まっている「指定席」、座席が指定されていない「自由席」、シート幅が広く快適な「グリーン席」の3種類があり、それぞれ料金が異なります。

「のぞみ」の指定席は「ひかり」や「こだま」の指定席に¥520の割増料金がかかりますが、自由席の料金は変わりません。

また、グリーン席は、通常の指定席に¥5,960の割増料金がかかりますが、その分グレードの高いシートで快適な旅を満喫することができますよ♪

東京〜福山間の片道料金は下記の通りです。

のぞみ:
(指定席)¥17,660
(自由席)¥16,620
(グリーン車)¥23,620

ひかり:
(指定席)¥17,140
(自由席)¥16,620
(グリーン車)¥23,100

こだま:
(指定席)¥17,140
(自由席)¥16,620
(グリーン車)¥23,100

閑散期は上記金額から¥200引き、繁忙期は¥200増しとなります。
なお、自由席の料金は年間を通じて変わりません。

【東京から飛行機、高速バスを使用した際の費用】

東京から福山へは、新幹線を利用する他に、飛行機や高速バスで行くこともできます。

(新幹線)¥16,620~23,620

(飛行機)¥12,677~21,877
(東京駅~羽田空港間\637と広島空港~福山駅間¥1,350を含む)

(高速バス)¥7,880~10,800(エトワールセト号)

高速バスは一番料金が安くはありますが、福山までは約9時間34分もの所要時間がかかってしまうのが難点です。

また、飛行機は東京駅~羽田空港間および、広島空港~福山駅間の料金を足しても、新幹線と比べて¥3,943ほど費用が安くはありますが、空港から福山駅までの移動に約1時間13分もかかってしまい面倒です。

総合的に考えると、所要時間が約3時間40分と最も短く、福山駅まで直接アクセスすることのできる新幹線がおすすめです!

東京〜福山の始発・終電時刻

東京〜福山の始発・終電時刻は以下の通りです。

始発(東京⇒福山): 6:00
始発(福山⇒東京): 6:24
終電(東京⇒福山): 19:50
終電(福山⇒東京): 18:59

羽田空港~広島空港

【始発便】6:50(JAL)
【最終便】19:30(ANA)

広島空港~羽田空港

【始発便】7:35(ANA)
【最終便】20:35(ANA)

東京~福山間の始発・終電時刻にはほとんど差がありませんが、福山~東京間では新幹線の方が始発時刻が早く、飛行機の方が終電時刻が遅いようですね。

なお、東京から福山間の直通での新幹線の終電は早い時間で終了してしまいますが、「名古屋」か「新大阪」で乗り換えるようにすれば、22時代にも東京から福山へ、福山から東京へ行くことが可能です。

新幹線の駅ホームのエレベーターが近い席(号車)は?

荷物が多いときや、小さなお子様をお連れの際には、エレベーターに近い席もチェックしておきましょう。

【16両編成時】

すべての番線・・・9号車付近

【8両編成時】

すべての番線・・・5号車付近

新幹線の駅ホームのエスカレーターが近い席(号車) は?

福山駅の新幹線ホームのエスカレーターが近い席は、16両編成時と8両編成時で異なります。

【16両編成時】

すべての番線・・・7、10号車付近

【8両編成時】

すべての番線・・・3、6号車付近

福山駅を通っている路線

福山駅には以下の3つの路線が通っています。

■東海道・山陽新幹線(東京~博多)
・さくら(新大阪~鹿児島中央)

■山陽本線(神戸~下関、福山~糸崎)
・サンライナー(岡山~福山)

■福塩線(福山~塩町)

駅弁が買える場所

福山駅で駅弁が買える場所はこちらです。

売り場一覧

・改札外コンコース在来線改札口外「浜吉」
【営業時間】9:30~19:00
  
・改札内コンコース新幹線乗換改札手前「浜吉」
【営業時間】9:30~18:00

・1番線ホーム上(下り)
【営業時間】8:10~18:10

・2番線ホーム上(上り)
【営業時間】 7:50~17:30

福山駅でおすすめの駅弁はコレ!

福山駅で最も有名な駅弁といえば、『元祖珍辨 たこめし』です!
『元祖珍辨 たこめし』は創業明治23年の老舗「浜吉」が手掛ける、瀬戸内の漁師料理「たこめし」の駅弁であり、60年近くも高い人気を誇り続けているロングセラー駅弁です。
タコの足の数を思わせる八角形のパッケージの中に敷き詰められたタコの炊き込みごはんの上には、タコの旨煮や味付け海老、錦糸卵、ウズラの卵、筍や山菜などが贅沢に盛り付けられています。
しっかり味付けされたタコの炊き込みごはんと、甘辛くプリプリのタコの旨煮の相性は抜群です!
『元祖珍辨 たこめし』は、福山駅構内の各種売店で購入できる他、一部列車では車内販売も行っていますよ♪

また、こちらの「たこめし」ですが、同じく浜吉が販売している、陶器でできたタコの容器に入った『元祖たこめし陶器製』という駅弁もあります。
中身は『元祖珍辨 たこめし』と殆ど変わらないのですが、筍煮が蓮根煮になっていたりと微妙な差異があります。
鉢巻きを巻いたタコの容器はとても可愛らしく、この容器欲しさに遠方から遙々購入しに来る方も多いそうです。
陶器製の立派な器でありながら価格は¥1000と、『元祖珍辨 たこめし』の¥980と¥20しか変わらないのもうれしいところですね♪
こちらの『元祖たこめし陶器製』は福山駅構内の浜吉の店舗にて購入することができますが、販売数が少ないため、予約をしておくことがおすすめです。

その他、福山のお土産として最近注目を集めているのが「楓乃樹」の『メープルもみじフィナンシェ』です。
広島県のお土産といえばもみじ饅頭が有名ですが、こちらはもみじの形を型取った洋菓子のフィナンシェとなります。
砂糖楓の樹液からつくられたメープルシュガーを使用した、さっくりとした食感のフィナンシェは、新しい広島のお土産として福山でも大人気です!
『メープルもみじフィナンシェ』は、福山駅さんすて内「楓乃樹」店舗にて購入することができますよ。

福山駅の周辺情報も要チェック!

福山城

福山城は1622年(元和8年)に、水野勝成が備後10万石の領主となって築いたお城です。
伏見櫓、筋鉄御門は国の重要文化財に指定されています。
天守閣の内部は博物館として公開されており、歴代藩主の遺跡や歴史資料などが展示されている他、すぐ側に福山駅が隣接しているため、行き交う新幹線や在来線を眺めることができ、鉄道ファンにも人気のスポットとなっています。
2011年からは「福山城幸盛ナイト」(コウモリナイト)という夜のイベントも開催されており、毎年全国各地から多くの人々が集まって賑わいます♪

●福山駅北口から徒歩約5分

鞆の浦

江戸時代に「潮待ちの港」として栄えた鞆の浦では、現在においても「常夜燈」や古い町家、商屋が当時のままの状態で保存されています。
坂本龍馬が属す海援隊が借用していた「いろは丸」が沈没させられた「いろは丸事件」が起こった場所としても知られており、風情漂う港の路地を歩いていると、本当に坂本龍馬と出会えそうな気分になってきますよ♪
鞆の浦と目と鼻の先にある、太古の自然に溢れた「仙酔島」も見どころのひとつです。

●福山駅から鞆鉄バス「鞆の浦」または「鞆港」下車すぐ

桝屋清右衛門宅・龍馬宿舎跡

桝屋清右衛門宅は、上述した「いろは丸事件」の際に、海援隊と紀州藩が賠償に関する交渉を行った商家です。
当時幕府から命を狙われていた坂本龍馬は「才谷梅太郎」という偽名を使って、桝屋清右衛門宅の屋根裏にある“隠し部屋”に宿泊したと言われています。
1989年に言い伝えをもとに桝屋清右衛門宅の天井を調査したところ、1カ所だけ天井板が外れ、この隠し部屋が発見されました。
その後、2010年に整備を進め、同年11月に特別限定公開、2011年4月から一般公開されています。
歴史好きには外せない、ロマン溢れる観光スポットです!

●福山駅から鞆鉄バス「鞆の浦」下車、徒歩約5分

スポンサードリンク