【タッチでスマートに】東京メトロでPASMOによる『東京メトロ・都営地下鉄共通1日乗車券』販売開始(4月1日~)

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

電車利用の際に便利なICカード「PASMO」。
そんなPASMOを利用した、東京メトロ1日乗車券の発売が開始されます。
今までの1日乗車券は磁気カードだったため、東京メトロから別の電車に乗り換えて移動した場合は、乗り越し金額を精算する必要がありました。
しかし、ICカードを利用することで、改札にタッチするだけで自動精算され、スマートに利用することができるようになります。

PASMOの1日乗車券の価格

PASMOの1日乗車券は、大人が600円、子どもが300円となっています。
すでに手元にPASMOがある場合はそれを利用することができますが、現在定期券として利用している場合やクレジットカードが一体となっている場合など、一部利用できない場合があります。
その場合は同時にPASMOの購入も必要となります。
PASMOを購入する場合は別途500円が必要となるため注意が必要です。

PASMO1日乗車券の販売期間

PASMOによる東京メトロ1日乗車券の販売は4月1日から開始です。
販売終了日は設けられていないので、1日乗車券の新たな販売方法の一つとして、今後も長く活躍していくことが考えられます。

使用日の始発から終電まで利用可能

東京メトロ1日乗車券の利用可能期限は、使用日の始発から終電までです。
使い始めから24時間が有効期限となるわけではないため、利用の際にはしっかりと確認しておきましょう。

PASMO1日乗車券の販売場所

1日乗車券は窓口での販売はもちろん、券売機での販売も行われます。
わざわざ窓口に足を運ぶ必要がないため、気軽に利用することができそうです。

東京観光など交通機関を多く使う場合におすすめ

PASMOによる1日乗車券は、東京メトロと他社の鉄道を両方利用する場合に非常に便利です。
特に東京観光の場合は、様々な交通機関を利用するため、この1日乗車券が活躍するのではないでしょうか。
東京で観光する際は、ぜひPASMOの1日乗車券をご利用ください。

スポンサードリンク