東京駅から三河安城駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

東京駅から三河安城駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

愛知県の中央に位置する安城市は、かつて“日本のデンマーク”と呼ばれており、農業の先進都市として発展してきました。
緑と花に溢れた自然豊かなまちである一方、工業や商業もバランスよく発達しており、新幹線やJR、名鉄により県内外のアクセスが良好な点もポイントですね。
また、「ごんぎつね」の作者として知られる新美南吉が青春を過ごしたまちとしても知られています。

今回は、そんな安城市「三河安城駅」を訪れるために、東京⇔三河安城間の新幹線情報をお届けします。

三河安城駅ってどんな駅?歴史や特徴は?

三河安城駅は、愛知県安城市三河安城町一丁目にあるJR東海の駅です。
農業都市をイメージした北欧調の駅舎が特徴で、東海道新幹線と在来線の東海道本線の乗り換え駅としても機能しています。
三河安城駅は、1988年3月13日に請願駅として誕生・開業しました。
駅構内には商業施設「ASTY 三河安城」があり、食事を楽しんだりお土産を購入することができます。

三河安城駅の1日の乗り入れ人数はどのくらい?

「愛知県統計年鑑」および「安城の統計」によると、2014年度の三河安城駅の1日あたりの平均乗客数は6,059人となっています。

東京〜三河安城までの所要時間

東京から三河安城までは東海道新幹線を利用して行くことができます。
新幹線の他に高速バスで行くことも可能です。

それぞれの「三河安城駅」までの所要時間を比較してみましょう。

新幹線の場合

東京駅~三河安城駅
・のぞみ 三河安城駅には停車しません!

・ひかり 三河安城駅には停車しません!

・こだま 約2時間40分※
(※名古屋まで「のぞみ」で行き「こだま」に乗り換えれば約2時間、豊橋や浜松まで「ひかり」で行き「こだま」に乗り換えれば約2時間5分~2時間30分)

高速バスの場合

東京駅~三河安城駅
約6時間~6時間20分※
(※東京駅~名古屋駅までの高速バスの所要時間および、名古屋駅~三河安城駅までのJR東海道本線所要時間を含む。)

新幹線「こだま」と高速バスを比較すると、「こだま」の方が約3時間20分も所要時間が短く、早く三河安城駅に到着することができますね。
また、途中の駅まで「のぞみ」や「ひかり」を利用して乗り換えをすれば、もっと早く到着することも可能です。

東京〜三河安城の新幹線列車・停車駅

東海道新幹線の列車には「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」があり、「のぞみ」が1番停車駅が少なく、「こだま」は各駅停車で1番遅い列車となります。
各列車の停車駅は以下の通りです。

のぞみ:三河安城駅には停車しません!

ひかり:三河安城駅には停車しません!

こだま:東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城
12駅

とにかく早く目的地に到着したい場合には「のぞみ」が一番なのですが、三河安城には「のぞみ」は停車しません。
そのため、三河安城までは「こだま」を利用するか、途中の駅まで「のぞみ」や「ひかり」を利用し、「こだま」に乗り換えて行くこととなります。
その他、高速バスで行くことも可能です。

新幹線と高速バスの料金について、次で比較してみましょう。

東京〜三河安城の料金

新幹線の座席には、あらかじめ席が決まっている「指定席」、座席が指定されていない「自由席」、シート幅が広く快適な「グリーン席」の3種類があり、それぞれ料金が異なります。

「のぞみ」の指定席は「ひかり」や「こだま」の指定席に割増料金がかかりますが、自由席の料金は変わりません。

また、グリーン席は、通常の指定席に¥3,590の割増料金がかかりますが、その分グレードの高いシートで快適な旅を満喫することができますよ♪

東京〜豊橋間の片道料金は下記の通りです。

のぞみ:三河安城駅には停車しません!

ひかり:三河安城駅には停車しません!

こだま:
(指定席)¥10,240
(自由席)¥9,720
(グリーン車)¥13,830

閑散期は上記金額から¥200引き、繁忙期は¥200増しとなります。
なお、自由席の料金は年間を通じて変わりません。

【東京から高速バスを使用した際の費用】

東京から三河安城へは、新幹線を利用する他に高速バスで行くこともできます。

(新幹線)¥9,720~13,830
(高速バス)¥5,720※
(※新東名スーパーライナー利用、名古屋駅まで¥5,250、名古屋駅から三河安城駅まで¥470)

こうして見ると、高速バスの料金の方が¥4,000ほど安く魅力的ではありますが、三河安城までは6時間以上も所要時間がかかってしまうのが難点ですね。

総合的に考えると、所要時間の短さと1日の運行本数の多さで考えるのであれば、三河安城までは新幹線を利用するのがおすすめです!

東京〜三河安城の始発・終電時刻

東京〜三河安城の始発・終電時刻は以下の通りです。

始発(東京⇒三河安城): 6:16※1
始発(三河安城⇒東京): 5:28※2
終電(東京⇒三河安城): 22:00※3
終電(三河安城⇒東京): 21:35※4

※1 名古屋まで「のぞみ」を利用後「こだま」にて三河安城へ。
※2 名古屋までJR東海道本線を利用後「ひかり」にて東京へ。
※3 名古屋まで「ひかり」を利用後JR東海道本線にて三河安城へ。
※4 名古屋まで「こだま」を利用後「のぞみ」にて東京へ。

新幹線の駅ホームのエレベーターが近い席(号車)は?

お荷物が多いときや、小さなお子様をお連れの際には、エレベーターに近い席もチェックしておきましょう。

・すべての番線・・・10号車付近

新幹線の駅ホームのエスカレーターが近い席(号車) は?

三河安城駅ホームのエスカレーターが近い席は、以下の通りです。

・すべての番線・・・9号車付近

三河安城駅を通っている路線

三河安城駅には以下の2つの路線が通っています。

■東海道新幹線(東京~新大阪)

■東海道本線(熱海~美濃赤坂・米原)

駅弁が買える場所

三河安城駅で駅弁が買える場所はこちらです。

売り場一覧

・アスティ三河安城・新幹線改札口そば「駅弁だるま」
【営業時間】6:15~20:00

※三河安城駅には改札外にしか駅弁を購入できる売店がないのでご注意下さい。

三河安城駅でおすすめの駅弁はコレ!

三河安城の人気ナンバー1駅弁といえば、「名古屋だるま」の『純系名古屋コーチンとりめし』です!
その名の通り、名古屋コーチンをふんだんに使用したとりめし弁当で、「名古屋だるま」において不動の人気ナンバー1弁当となっています。
名古屋コーチンと一緒に炊き込んだ旨みたっぷりのご飯の上に、同じく名古屋コーチンの切り身が載せられた名古屋コーチン尽くしの駅弁は、愛知県・三河安城を訪れた際には是非とも食べておきたい逸品ですね。
その他、生産量日本一の三河一色産うなぎ、西尾の抹茶、守口大根と、日本一を誇る食材ばかりを集めた本格ひつまぶし弁当『抹茶ひつまぶし日本一弁当』や、発売開始から愛され続けてきた迫力満点の大きなみそかつを2014年にリニューアルし、さらなるボリュームアップを図った『びっくりみそかつ』も、三河安城で人気の高い駅弁です。
これらの駅弁は、アスティ三河安城「駅弁だるま」店舗にて購入することができますよ♪

また、三河安城駅で購入できるおすすめのお土産は、「両口屋菓匠」の『安城和スイーツ 南吉の青春かすてら』です。
三河安城駅のある安城市は、童話「ごんぎつね」で有名な新美南吉が青春を過ごしたまちとして知られています。
甘いものが好きだったという新美南吉の生誕百年を記念し、老舗である両口屋菓匠と、彼が生前教鞭をとっていた安城高校の生徒が共同開発をして誕生したのが、この『安城和スイーツ 南吉の青春かすてら』です。
安城特産の青梗菜を生地に使用し、栗入りと抹茶の餡をふっくらと包み上げたやさしい甘さの和スイーツは、まさに安城市ならではのお土産ですね!
『安城和スイーツ 南吉の青春かすてら』は、三河安城駅キヨスクにて購入することができます。

三河安城駅の周辺情報も要チェック!

安城産業文化公園デンパーク

『デンパーク』は、自然と親しみ花のある暮らしを提案する、花と緑のテーマパークです。
農業の盛んな安城市は世界の農業先進国であるデンマークにたとえられており、『デンパーク』の名前はそこから付けられているそうですよ。
デンパークでは国内最大級の温室「花の大温室フローラルプレイス」をはじめ、「秘密の花園」、「ファンタジーガーデン」、「グラスウォーク」など様々なガーデンで美しい花々を楽しむことができます。
その他、子どもが大喜びの木製大型遊具やデンマーク風車、ソーセージ作りなどができる体験教室も充実しており、ファミリーにもおすすめのスポットです。
特に、冬季のウィンターフェスティバル時には、綺麗なイルミネーションと花火を見に全国から多くの人々が集まります。
デンパークメインゲートのすぐそばには『道の駅 デンパーク安城』があり、新鮮なお野菜や安城の特産品を購入することができますので、一緒にぜひチェックしてみて下さい!

●三河安城駅からタクシーにて約15分
●三河安城駅からJR東海道本線にて「安城駅」下車後、あんくるバスにて「安城更生病院」乗換「デンパーク」下車

丈山苑

安城市(旧碧海郡泉郷)の生まれである、江戸時代初期の武士であり文人としても名高い石川丈山が後半生を過ごした「詩仙堂」を再現したのが『丈山苑』です。
唐様庭園、回遊式池泉庭園、枯山水庭園と3つの庭園を組み合わせた本格的な庭園では、白梅、つつじ、紅葉と四季折々の花々が美しく咲き誇ります。
花と合わせて、鳥の声と鹿威しの音が響く風情溢れる景観を楽しみながらお庭でお抹茶をいただくこともできますよ♪

●三河安城駅からタクシーにて約15分
●三河安城駅からJR東海道本線にて「安城駅」下車後、あんくるバス「和泉丈山苑」下車、徒歩3分

安城市レジャープールマーメイドパレス

『マーメイドパレス』は、隣接する環境クリーンセンター(ゴミ焼却施設)の余熱を利用したレジャー型温水プールです。
流水プールや造波プール、ウォータースライダーがあり、温水プールなので年間を通じて利用することができます。
歩行コースも設けられているので、お年寄りでも安心です。
プールの他に、筋力系マシンが充実したトレーニングルームもあり、体力づくり・健康づくりにもってこいのスポットですよ!

●三河安城駅からJR東海道本線にて「安城駅」下車後、あんくるバス「マーメイドパレス」下車

スポンサードリンク