東京駅から浜松駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

東京駅から浜松駅まで新幹線で移動するときの時間・最安値・終電・乗車位置・駅弁・観光などのガイド情報

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

スポンサードリンク

浜松市は、東は天竜川、西は浜名湖、南は遠州灘、北は天竜美林と、豊かな自然に囲まれた温暖な土地です。
「浜名湖うなぎ」、「遠州灘シラス」、「遠州灘天然とらふぐ」、「三ヶ日みかん」、「三ヶ日牛」、「浜松茶」、「浜松餃子」など挙げればキリがないほど、美味しい特産品がたくさんあることでも知られていますよね!
また、出世城として知られる徳川家康築城の『浜松城』や、今年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でお馴染みの井伊直虎ゆかりの地であったりと、深い歴史の残る街でもあります。

今回は、そんな「出世の街・浜松」を訪れるために、東京⇔浜松間の新幹線情報をお届けします。

浜松駅ってどんな駅?歴史や特徴は?

浜松駅は静岡県浜松市の中心駅であり、遠州鉄道の「新浜松駅」と合わせて県西部の拠点駅としても利用されています。
浜松駅は1888年に開業後、1926年に2代目駅舎に改築されましたが空襲により焼失、1948年に現在の3代目駅舎となりました。
そして、1964年の東海道新幹線の開業とともに新幹線の乗換駅となり、1980年から「ひかり」が停車するようになります。
2006年には構内商業施設「メイワン エキマチ・ウエスト」が開業、翌年には「メイワン エキマチ・イースト」も開業し、賑わいを見せています。

浜松駅の1日の乗り入れ人数はどのくらい?

「静岡県統計年鑑」によると、2014年度の浜松駅の1日あたりの平均乗客数は35,440人です。
JR東海の駅では、名古屋駅、東京駅、新大阪駅、静岡駅、金山駅に次ぎ第6位、静岡県内では第2位の乗客数となっています。

東京〜浜松までの所要時間

東京から浜松までは東海道新幹線を利用して行くことができます。
新幹線の他に高速バスで行くことも可能です。

それぞれの「浜松駅」までの所要時間を比較してみましょう。

新幹線の場合

東京駅~浜松駅
・のぞみ 浜松駅には停車しません!
・ひかり 約1時間35分
・こだま 約2時間

高速バスの場合

東京駅~浜松駅
約4時間20分~5時間50分

新幹線「ひかり」と高速バスを比較すると、「ひかり」の方が約2時間45分所要時間が短く、早く浜松に到着することができますね。

東京〜浜松の新幹線列車・停車駅

東海道新幹線の列車には「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」があり、「のぞみ」が1番停車駅が少なく、「こだま」は各駅停車で1番遅い列車となります。
各列車の停車駅は以下の通りです。

のぞみ:浜松駅には停車しません!

ひかり:東京、品川、新横浜、小田原※2、熱海※2、三島※2、静岡※1、浜松※1
5駅

こだま:東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松
10駅

「ひかり」は列車によって停車駅が異なります。
※1は1時間に1本程度の停車、※2は2時間に1本程度の停車です。
浜松には停車しない列車もありますのでご注意下さい。

とにかく早く目的地に到着したい場合には「のぞみ」が一番なのですが、浜松には「のぞみ」は停車しません。
そのため、浜松までは「ひかり」か「こだま」を利用して行くこととなります。
また、高速バスで行くことも可能です。

新幹線と高速バスの料金について、次で比較してみましょう。

東京〜浜松の料金

新幹線の座席には、あらかじめ席が決まっている「指定席」、座席が指定されていない「自由席」、シート幅が広く快適な「グリーン席」の3種類があり、それぞれ料金が異なります。

「のぞみ」の指定席は「ひかり」や「こだま」の指定席に割増料金がかかりますが、自由席の料金は変わりません。

また、グリーン席は、通常の指定席に¥3,590の割増料金がかかりますが、その分グレードの高いシートで快適な旅を満喫することができますよ♪

東京〜浜松間の片道料金は下記の通りです。

のぞみ:浜松駅には停車しません!

ひかり:
(指定席)¥8,290
(自由席)¥7,770
(グリーン車)¥11,880

こだま:
(指定席)¥8,290
(自由席)¥7,770
(グリーン車)¥11,880

閑散期は上記金額から¥200引き、繁忙期は¥200増しとなります。
なお、自由席の料金は年間を通じて変わりません。

【東京から高速バスを使用した際の費用】

東京から浜松へは、新幹線を利用する他に高速バスで行くこともできます。

(新幹線)¥7,770~11,880
(高速バス)¥2,000~4,000程度

こうして見ると、高速バスの方が料金が¥5,770ほど安く魅力的ではありますが、浜松までは約4時間以上もの所要時間がかかってしまうのが難点ですね。

総合すると、所要時間の短さと1日の運行本数の多さで考えるのであれば、新幹線「ひかり」がおすすめです!

東京〜浜松の始発・終電時刻

東京〜浜松の始発・終電時刻(直通)は以下の通りです。

始発(東京⇒浜松): 6:33
始発(浜松⇒東京): 6:20
終電(東京⇒浜松): 22:00
終電(浜松⇒東京): 21:59

新幹線の駅ホームのエレベーターが近い席(号車)は?

お荷物が多いときや、小さなお子様をお連れの際には、エレベーターに近い席もチェックしておきましょう。

・すべての番線・・・8号車付近

新幹線の駅ホームのエスカレーターが近い席(号車) は?

浜松駅ホームのエスカレーターが近い席は、下車時と乗車時で異なります。

【下車時・改札へ】

・5番線・・・7~8号車付近
・6番線・・・9号車付近

【乗車時・ホームへ】

・すべての番線・・・7~8号車付近

浜松駅を通っている路線

浜松駅には以下の2つの路線が通っています。

■東海道新幹線(東京~新大阪)

■東海道本線(熱海~美濃赤坂・米原)

駅弁が買える場所

浜松駅で駅弁が買える場所はこちらです。

売り場一覧

・浜松駅構内コンコース「自笑亭」売店(メイワンエキマチウエスト内)
【営業時間】7:00~21:00

・浜松駅構内(改札内中二階)「自笑亭」そば店※
【営業時間】6:20~19:50

※在来線側に駅弁売店併設

浜松駅でおすすめの駅弁はコレ!

浜松駅の人気No.1駅弁は、なんといっても『浜松三ケ日牛&遠州しらす弁当』です!
安政元年創業の老舗「自笑亭」が手掛けるこの駅弁は、数ある自笑亭のお弁当の中でも群を抜いて人気となっています。
浜松のブランド牛である「三ケ日牛」と、同じく浜松名物である「遠州灘産しらす」を贅沢に味わうことのできる、浜松駅ならではの駅弁ですね。
柔らかく甘味のある脂が絶品の三ケ日牛と、“日本一美しくて美味しいしらす”と言われる遠州灘産しらすのコンビネーションに感動すること間違いなしです!

続いて、『遠州の夢の夢ポーク弁当』も浜松駅の人気駅弁となっています。
こちらは遠州産銘柄豚「遠州の夢の夢ポーク」に、浜松の「花の舞酒造」酒粕をベースにした特製みそだれを塗り込んで焼き上げた駅弁です。
隠し味の自笑亭自慢の「うなぎのタレ」もポイントで、その絶妙な味わいにハマる人が続出しているそうですよ♪

その他、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で話題となっている井伊直虎をモチーフにした『出世法師直虎ちゃん弁当』も現在大注目の駅弁です。
井伊直虎の生涯に思いを馳せながら、ゆっくりと味わいたいですね。
これらの駅弁は、浜松駅構内にある「自笑亭」の売店にて購入することができます。

また、浜松のお土産として有名なのが、ご存知「春華堂」の 『うなぎパイ』ですよね。
二代目社長・山崎幸一さんの「うなぎがテーマの浜松らしいお菓子をつくろう」という想いから誕生した『うなぎパイ』は、昭和36年の発売以来ロングセラーとなっている浜松銘菓です。
浜松名物のうなぎエキス、フレッシュバターをはじめとする厳選された原料から作られる『うなぎパイ』は、素朴で優しい味わいの中に隠れる旨みと、サクッとした食感がたまりません!
スタンダードな『うなぎパイ』の他、ミニサイズで食べやすい『うなぎパイミニ』、アーモンドの入った『うなぎパイナッツ入り』、ブランデーとマカダミアの風味が香る『うなぎパイV.S.O.P.』とバリエーションも豊富です♪
なんと、うなぎと並ぶ浜松名物『しらすパイ』も販売されているそうですよ!
春華堂の 『うなぎパイ』は浜松駅構内「メイワン エキマチウエスト」1Fギフトキヨスク等にて購入することができます。

浜松駅の周辺情報も要チェック!

オークラアクトシティホテル浜松『展望回廊』

オークラアクトシティホテル浜松45Fにある『展望回廊』では、地上185mの高さから浜松市の街並みを眺めることができます。
南側からは太平洋、北側からは富士山や南アルプスまでを一望することができる他、秋~冬時期には夜景を楽しむこともでき、デートスポットとしても人気です。
結婚式やイベント等で貸し切りとなってしまう場合もありますので、訪れる前にホームページをチェックしておきましょう。

●浜松駅東口より直結、徒歩3分

浜松城

『浜松城』は、徳川家康が武田信玄の侵攻に備えて元亀元年(1570年)に築城したお城です。
以来家康は29歳~45歳までの17年間をこの『浜松城』で過ごしました。
天下統一を果たした家康をはじめ、後の歴代城主たちも幕府の要職に登用された者が多かったことから『出世城』とも呼ばれています。
天守閣からは、北に三方ヶ原古戦場、南に遠州灘、西に浜名湖、東に富士山を望むことができます。
他にも、野面積の石垣や曲輪(くるわ)、艪門(やぐらもん)、徳川家康公400年記念事業として2015年に制作された「徳川家康3D像」など見どころがたくさんありますよ!

●浜松駅からタクシー約5分
●浜松駅から徒歩約20分

浜松市楽器博物館

『浜松市楽器博物館』は、平成7年(1995年)に開館した日本で唯一の公立楽器博物館です。
館内には世界の楽器約1300点が常時展示されており、楽器や音楽について広く学ぶことができます。
「体験ルーム」では実際に楽器に触れて演奏をしてみることもでき、小さなお子様から大人の方までみんなで楽しむことができますよ。
世界に名立たる楽器メーカーが集まる「音楽の街・浜松」らしい観光スポットですね♪

●浜松駅北口より徒歩約10分

スポンサードリンク