九州方面で観光や移動に使える6つのフリーきっぷ

新幹線のネット予約ならこちらがおすすめ

KiPuRu
スポンサードリンク

福岡市営地下鉄のお得きっぷに注目

福岡市営地下鉄のお得きっぷに注目

 福岡市営地下鉄には1日乗車券(620円)のほかにも、お得な乗車券が用意されています。
1駅だけの利用の際、100円で乗車できる「おとなりきっぷ」や、土日祝日には1日乗車券より100円安い「エコちかきっぷ」などがあります。
おとなりきっぷの詳しい情報はこちら
エコちかきっぷの詳しい情報はこちら

スマホでも買える長電の1日乗車券

スマホでも買える長電の1日乗車券

修学旅行先としても人気が高い長崎。
坂の多い街では、路面電車が非常に重宝します。

長崎電気軌道は、運賃は一律で120円と格安なため、500円の1日乗車券は5回乗らないと元が取れません。
長崎電気軌道では1日乗車券のモバイル化も進めており、無料のアプリから乗車券を購入できるシステムが導入されています。
モバイル1日乗車券は、クレジット決済もしくは、キャリア決済の2通りの支払い方法から選べて便利です。
モバイル1日乗車券について詳しい情報はこちら

観光には熊本市電の1日乗車券を活用

観光には熊本市電の1日乗車券を活用

純国産の低床車を導入するなど、先駆的な取り組みをしている熊本市電は、バスを利用できる区間ごとに、3種類の1日乗車券を発売しています。

安価な乗車券は400円で対応エリアが広くもっとも高価な乗車券は1500円となっています。
どの乗車券でも、市電は全線で利用できるので便利ですね。
熊本県内のほぼ全域で利用できるバージョンなら、市内観光だけでなく、県内観光でも重宝します。
熊本市電の1日乗車券について詳しい情報はこちら

1日&2日乗車券にくまモンのイラスト

1日&2日乗車券にくまモンのイラスト

 熊本市電の低床化などへの取り組みは、路面電車だけでなく、地下鉄でも積極的に進められています。
 700円から販売される1日乗車券「わくわく1dayパス」は、路面電車でもバスでも使用できるきっぷだが、誰もが知っているゆるキャラ「くまモン」のイラストが描かれています。
 また、連続する2日間に限って利用できる乗車券もあり、値段が800円の1種類となっている。
わくわく1dayパスの詳しい情報はこちら

市バスも利用できる鹿児島のお得なきっぷ

市バスも利用できる鹿児島のお得なきっぷ

 鹿児島市電の「市電・市バス・シティビュー一日乗車券」は、600円で市電や市バス、観光地を周遊するシティビューにも乗車できるすぐれものです。
 維新ふるさと館などの観光施設や、桜島フェリーを割引料金で利用することもできます。
市電・市バス・シティビュー一日乗車券について詳しい情報はこちら

九州新幹線も満喫できる「アラウンド九州きっぷ」

九州新幹線も満喫できる「アラウンド九州きっぷ」

 JR九州の列車をあますことなく堪能できるのが「アラウンド九州きっぷ」(3万860円)です。

 このきっぷは、連続する3日間、JR九州の在来線普通車が乗り放題になるだけでなく、新幹線・特急列車や座席指定車も6回まで乗ることができる(新幹線〈みずほ〉、〈あそぼーい!〉の白いくろちゃんシートとパノラマシート、〈SL人吉〉は除く)。
 九州新幹線を北から南まで乗り通すこともできるし、人気観光列車〈ゆふいんの森〉や〈列車で行こう〉にも乗ることができます。
アラウンド九州きっぷについて詳しい情報はこちら

スポンサードリンク